2007年2月に発覚した旦那の男性不妊・・・心の葛藤の中、妊娠→出産をめざし体外受精(顕微授精)チャレンジにまつわるブログです☆
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
採卵→受精確認→分割確認→移植☆周期14日~16日

☆採卵☆周期14日目(8/11 土 8時~)

土曜日の8時前に受付し、採卵へ☆
旦那が病院での採精は嫌だと言うので持込したんだけど、
そのせいか?8Fはいっぱいだったのか?
実際に採卵するのは初めてな私なのに5Fへ・・・と言われた。

ウワサでは8Fは(前回行ったけど)ベット6個で各ベットがカーテンに仕切られてるからリラックスできる。しかし5Fだと雑居みたいな形なのでリラックスしにくい(;^_^Aって聞いていたので正直初めは「なんで初なのに5Fなのよ~」と不満に思った。

実際中に入ると、確かにロッカーの部分は狭くてお互い着替えにくい感じもしたけど、ベットに関しては特に文句なし!!偶然にも端っこのベットだったから余計に落ち着けたのもあるかもしれないけど、前の人の様子や全体の様子が解りお初の緊張からは逃れられたかも♪

でもでも、次が自分の番だという椅子に座ってるときはものすごく怖くなって貧血になるんじゃないか?と心配したけどなんとか手術室へ・・・
4F(5F)で女医さんだと痛い!という記事を読んだこともあったけど私は女医さん好きなので、いざ中に入り先生を見るとこの前採卵を決定した時の女医さんだった。なんだかホッとした。
痛みも想像ほどではなかったので我慢できたけど、最後の2つを採る時は半泣き状態(不安と安堵で)で「もう少しがんばってくださいね」と言う看護師さんへの返事も「はぃ~」って感じだった。

結果的には4つ採れましたでも、2日前の卵確認では7つあって採卵では6つになってて2つは空卵だったか使えそうにないものだったらしく4つということでした。6回痛かったのに悔しい~!って思ったけど上出来だと言いきかせて帰りました。
お昼はご褒美に新宿でお寿司を食べて帰宅(^-^)v

でもね、前日の夜はものすごくいろいろ考えすぎて寝られずに朝を迎えたのです。考えることは手術室のモニターに大きい卵胞が映らず「排卵しちゃってますね」といわれた前回の光景!!なんかそればっかりがフラッシュバックみたいに浮かんでとてもじゃないけど寝られなかった。

採卵の日の夜も今度は受精してくれなかったらどうしよう?とネガティブな考えでドキドキし熟睡できず(;^_^A
これには理由があって、転院前に採卵→移植の時のこと。
今回とほぼ同じ刺激方法で採卵できたのが7つすべてOKの卵ちゃん。でもその中で2個しか受精してくれなくて(ICSIで)他は無反応だったらしい。イコール卵ちゃんが弱いのではなく精子くんの問題らしいんだけどね~。
しかもその後の分割も遅くて、移植する時でさえ3分割しかしてくれてなかった。だから転院を決めた訳なんだけど、採卵が無事に済んでも受精→分割が私にとっては恐怖でもあった。


☆受精確認☆周期15日目(8/12 日 14時)

ドキドキしながら受話器を握りしめ、1人になりたかったのに旦那が聞き耳を立てている。
結果、1つはICSIする前に卵ちゃんの状態が悪くなり無理で他の3つは無事に受精してくれましたありがとう♡病院のスタッフさん&がんばった卵ちゃん!!と胸をなでおろしつつも今度は分割が心配になる。
せっかく受精したんだからがんばって分割してお腹に戻ってねと病院の方向へ向かって祈る。
さすがに睡眠不足もピークに達し、気持ちよく熟睡しました。


☆分割確認☆周期16日目(8/13 月 10時30分)

これまたドッキドキの電話。
3つとも分割を続けてくれているとのこと(^▽^)/
予定通り今日のお迎え時間と代金を聞いて、いざ病院へ・・・


☆胚移植☆周期16日目(8/13 月 12時30分受付)

お盆休みだから診察は午前のみ!だからか??12時前に着いたら座る場所もないくらいに人が多かった。なんだかんだ実際に手術室に入ったのは15時過ぎだった。採卵の時と同じ番号のロッカーが空いててうれしかった。ベットも偶然同じ場所だった
なんかこんなちょっとした事が本当にうれしく感じた日だったなー。
移植の先生は、今回周期10日目で診てくれた先生!内診・お話共に私には1番合ってたと思えた先生だったからこれまたうれしかった(´▽`)

モニターを見ながらも消毒の痛さや緊張からかなり体は硬直してただろうけど、痛みもほとんどなく無事に戻していただきました。
培養師さんとのお話の時に聞いたんだけど、朝の時点では4分割胚で少しだけフラグメントがありG2だったけど話をする前に見たら6分割でフラグメントなしのG1になっていたらしい。実際に移植する時には更に分割して8分割胚となりフラグメントはないけど、大きさがやや不均一なのでG2とのことでした。
前回移植したときの3分割のスピードと比べると本当によくがんばって分割してくれたな~とまずそれだけで満足しちゃって感動でした。

残りの2つのうち1つはG3~G4とカルテに書いてあったので、あまり期待はしてないけど移植した胚のように分割が進むにつれて状態も変わるだろうから希望は捨てずにいようと思う(^▽^*)

前回のET後2週間はとにかく心配ですごいストレスだったから、今回はあまり気にせずにリラックス出来るように今週末から実家に帰ろうかな~?と計画中
旦那が休めたら!だけどね。

とにかく、無事に戻ってくれた受精卵ちゃん
お腹のなかで気持ちよく育ってくれますように・・・




スポンサーサイト

KLC top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。