2007年2月に発覚した旦那の男性不妊・・・心の葛藤の中、妊娠→出産をめざし体外受精(顕微授精)チャレンジにまつわるブログです☆
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
判定日(ET12日後)

土曜日は判定日だった。
結果は微妙な陰性・・・

微妙というのは、hcgが出てるらしい。
でも正常妊娠でそのまま育つなら100近く欲しいところが
4.4という数字(?_?)
このまま生理が来るのを待つしかないんだけど
それだけじゃなくて子宮外妊娠の可能性もゼロじゃないから
また5日後に絶対にきてください!!と言われた。

おいおい、ショックな上に怖いことまで言われて
どうすりゃいいの?
って感じの1日だった。
不思議に涙は出なかった。脱力!!
胚盤胞ちゃんが待っててくれてる
ってのがせめてもの救いなのかも(≧▽≦)

hcgはゼロになるのを待って、次回の移植について考えるらしい。
先は長いかな?
なんで着床ホルモン出てるのに、育ってくれなかったのかな
胚盤胞は3倍くらい着床率が高い!って先生は言ってくれたけど
今からいろいろ不安になってる私がいる。
それで陰性だったら本気で凹むよね・・・

今回は実家に帰って精神的にはとっても楽しく過ごせたし
実はかなり期待してたから、
涙はそんな出さないけど凹みは大きかった。
ふっとした時にウルウルしてしまう。
でもhcg値がゼロになったら・・・凹んでなんかいられない!
とにかく前に進むしかないもんね。
次回に賭けよう賭けるしかない

胚盤胞ちゃん、お迎えに行くから待っててね~
スポンサーサイト

KLC top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。