2007年2月に発覚した旦那の男性不妊・・・心の葛藤の中、妊娠→出産をめざし体外受精(顕微授精)チャレンジにまつわるブログです☆
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
経過報告です

あれから・・・

1/21
5日後に血液検査&内診のためKLCへ
採血→内診→診察だと思っていたのに
採血の時にカルテを見ると
「採血結果が出てから内診」と書かれていた。

うわー。やっぱり危ういからそうなんだー。
hcgが上がってないと内診しても無駄だもんね(>_<)
と採血結果待ち時間は緊張しまくり・・・
番号が表示されると緊張はピークに!!
そのまま診察室によばれたらアウトって事ですもん。
中待合で祈るように待ってたら、内診室に誘導のアナウンス♡
ホッとしながらも今まで1番ドキドキしながら内診台にあがった。

無事子宮にくっついてくれてました♪
わーいわーい。これで子宮外妊娠の可能性はなくなった!!
5W1Dとカルテに書いてあることをお会計の時にたずねて
教えてもらった。
ちなみに、またまたK林先生でした。


1/25
実は生理痛がひどくて相談のために近くの個人病院へ
数年前に行っており、新しくとてもきれいな病院で
妊娠したら是非お世話になりたいな♪
と思っていた。
そこは人気が非常に高く、4週で予約を入れないと難しいらしい。
あまりに気が早い?と思いつつも前回hcgが急増してくれた次の日に
恐る恐る電話を入れると、出産時期の分娩予約は個室が既にいっぱいで
特別室しか空いてないとのお答え・・・。
出産できる病院がなくなると怖いので、念のため電話予約で特別室をお願いした。
でも、ハイリスクな場合は受け入れられませんので☆と言われ
妙に不安なまま電話を切ったのを覚えています。

実家は関西なんだけど、イザという時に搬送される病院が少なくて
それなら実家に帰らずにこっちで頑張ろうかな?
母親もそんなに体が丈夫ではないのであまり負担もかけられないし(;^_^A
と思っての決断でした。

KLCに行きながらもやはりとりあえず健診を兼ねて
産院に行きました。あいかわらずキレイで機械も最新で
うーん、良い感じでした。
胎嚢もKLCで測定したよりも計算とおり(1日1mm成長?)以上に
大きくなっていて、卵黄嚢もできていた。
心拍は次回のKLCで確認できるかな?くらいなので仕方ないけど
顕微授精で授かったこと、ちょっと気になる病気にかかったことがあること
などなど年齢も含めてお話したところ、問題ない☆と言ってくださって
産院が決定しましたー!!
次回はKLC卒業してからで良いとのこと。
心拍確認できたら、母子手帳を貰ってきてください!とも言われました。


1/31
10日ぶりのKLC、でも間に産院に行ってるので
成長してくれてるのは解っていたのもあって、
今回は落ち着いて内診を受けられました。
F田先生が丁寧に診てくださり、ピコピコ動いてるのが
私にも解りました。(説明がないと無理でしたが・・・)

6週に入ったころから、つわりらしくずっと気持ち悪くて
久しぶりに午後の診察に行きましたが、3時前に行くと早い!!
午後の6番目だったのですが、血液検査がないので
内診が終ったらすぐに診察室に呼ばれ、
終って待合に戻ったのが3時50分!!午後の診察が始まって20分足らずの出来事でした。

早速、旦那と親に報告し喜んだのですが
夜になるにつれて気持ち悪さが増してしまい
初めてもどしちゃいました(;^_^A


.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


とりあえず、順調だと言われたので
その言葉を信じてがんばりますo(*^▽^*)o~♪

おまけに今日は私の誕生日!!
心拍確認できたのが1番のプレゼントです♡♡
がんばってくれてありがとうね♪と
毎回お腹にお礼を言ってます。



がんばっているすべての人に、
良い結果が出ますように☆




スポンサーサイト

KLC top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。